出っ歯やガミーフェイス等の歯列矯正について

歯並びは誰しもが社会生活を送る中でどこか気にかける瞬間があるでしょう。

歯並びの良い人も悪い人も。

歯並びすなわち歯列は、幼児期に母親に連れられて小児歯科で、

立派な歯並びで永久歯が生えてくるよう何かしらの治療を受けていた記憶のある人もいるでしょう。

歯並びの良さは遺伝にもよりますが、そうした後天的に医療アプローチで良い歯並びで成人を迎える人も大勢います。

小児歯科に通わず、学生時期あるいは大人になってから歯列矯正治療を受ける場合もありますね。

しかしそれでも出っ歯であったりガミーフェイスに生まれついてしまう人もいくつかの割合でいるわけです。

出っ歯については軽度であれば針金を用いる治療で時間を掛けて治せるのかもしれません。

しかしそうした正攻法の矯正が不可能な症例や、理想の歯並びになるまで待つ治療法を嫌がる人もいるそうです。

そうした場合は、出っ張っている歯をいくらか削り落して、セラミックをくっつけて下向きになるよう調整、否、矯正するようです。

歯は一度でも少しでも削ったりすると数十年後には抜歯に行きつくという話をかかりつけの歯科医院で聞いたことがあります。

もちろん出っ歯に悩んでいた人はそれまでの人生、それをずっとコンプレックスに思っていたわけで、その悩みの重みは本人にしか分かりません。

削る必要のない健康な歯を、のちに食事の際の咀嚼に制限加わるリスクを承知でセラミックの矯正を受けるのだと思います。

しかしそういった場合、歯髄(しずい)という言わば歯の神経を抜き取って行うため、将来的に歯根破断など前歯を失う可能性も高くなるようです。

それでも、将来よりも現在を女性の場合は選択することが多いようです。

出っ歯でもなく歯並びも悪くない。しかし笑ったときに上の歯茎がむき出しになってしまうガミーフェイスというものもあるようです。

これも歯科の分野で収まる軽度のものから、歯科ではお手上げで形成外科の出番となる重度のものまであるようです。

上の歯茎を切除し、上唇の内側粘膜も切除してくっつけることで口元の動きに制限をかける方法が一般的なようです。

他には歯のセメント質まで剥き出る様に引っ張り出して、セラミックの指し歯にする方法もあるようです。

個人的には健康な歯に手を加えることに抵抗感を覚えてしまうので、もし当事者でどちらか選べと言われたら前述の粘膜を切除してくっつけて

上唇の動きを制限するほうがいいように思えますし、そのほうがおそらく断然安上がりでしょう。

そして形成外科の出番となる重度のガミーフェイスは、骨切り手術という顔の骨格そのものに手を加える治療を全身麻酔で行うようです。

重度のものならば国民健康保険が効くのかどうかは分かりませんが、歯列矯正というものはどうしたって大金がかかるもののようです。

そういう歯並びの人の気持ちをとやかく言う権利は一切ないので何一つ憂うことなど出来ませんが、もっと歯科医療が進歩して歯髄などの 神経を温存もしくは再生できる時代になれば歯列矯正を行う決断もしやすくなるのだろう。そう思いました。