歯槽膿漏から歯周病へ!違いは?歯周病の原因と治療法は?

【歯槽膿漏から歯周病へと病名変更】
歯槽膿漏と歯周病とは、歯科医によると、同じ病気です。しかし、病名が変更された理由を考えると、多少とも違いが出てきます。
歯槽膿漏とは、歯茎からウミが出る病気という命名です。歯茎からウミが出るのは、歯周病の中でも、症状が進行した状態です。現在では、歯周炎と呼ばれるものの場合、歯茎からウミが出ることが、特徴的な症状になります。ブラッシングの際に、血が出るだけでなく膿も出るようなら歯周炎、血だけが出て膿は出ない状態なら歯肉炎です。歯周病には、軽度の状態の歯肉炎と、症状が進行した歯周炎が含まれます。
歯槽膿漏と言った場合、イメージするのは、歯茎からウミが出る状態です。その状態に限らず、血だけがブラッシングの際に出る症状も含めたのが、歯周病と言えます。
歯肉炎では、歯肉は赤く、歯と歯のあいだの歯肉が丸みを持ち膨らみ、腫れた歯肉と歯の間で歯垢が溜まっています。歯周炎では、歯肉は赤みがかった紫色になり、歯と歯の間が広がって食べ物が詰まるようになります。歯肉が萎縮して歯が長まった感じになります。進行すると、ほねが溶けてしまいます。歯槽膿漏といわれてイメージするのは、だいたいが歯周炎でしょう。歯周病では、それ以前の症状も含めて、歯垢が引き起こす病気の発症から一つの病気として表現しています。

【歯周病の原因は?】
口の中には、300~500種類の細菌が棲みついていると信じられています。通常は、これらの菌が害を加える事は有りません。しかし、甘いものを食べ過ぎたり、ブラッシングが不十分だったりすると、細菌からネバった物質が出され、ネバった物質が歯の表に張り付きます。これが歯垢です。
歯垢は、粘着性が強く、うがいをしたくらいでは落ちません。粘着性が強い歯垢の中には、1mgあたり10億個もの細菌が含まれているとしています。特に歯周病を引き起こす細菌が歯垢には集中的に住み着いています。
歯垢に住み着いている細菌感染によって引き起こされる炎症性の疾患が、歯周病です。歯垢は取りのぞかないと硬くなり、歯石と呼ばれる物質に変化します。歯石に変化すると、ますます歯の表面にしっかりと付着し、ブラッシングのみでは外すことができなくなります。歯石の中/周りに細菌が入り込み、歯周病が進行します。

【治療法は?】
歯周病の厄介なところは、初期には全く自覚症状が無い点です。そのため、定期に歯科に通っていない限り、症状がある程度進行しないと、気づかないと言えます。以前は、治らない病気とさえいわれていましたが、最近では、歯の健康を取り戻せるようになりました。
歯周病は歯垢から生じる病気です。歯垢や歯垢が固まった歯石をきちんと除去することが、最大の治療になります。歯肉の内まで入る歯石を完全に取り除き、歯の根の表を滑かにします。炎症を引き起こしている細菌を完璧に取り除くためです。
細菌を除去したら、傷む歯肉や骨を治療します。治療が済んだら、何か月かに一度歯科衛生士による専門的なクリーニングを受け、正しいブラッシングを毎日行います。それによって、健康な歯・歯肉を再び手に入れましょう。