放置した虫歯の脅威とフッ化物の効果

歯はご存じの通りカルシウムやリンなどの成分で構成されています。しかもその表面はエナメル質と言われる人体の中ではもっとも堅い物質で守られており、これに穴が空き中の象牙質に刺激が加わることで歯がしみるといった症状が現れます。
ではなぜエナメル質はそれほど堅いにも関わらず穴が空いてしまうのか、それには酸が影響しています。
口内は本来中性に保たれており、中性の状態ですと虫歯は発生しにくいのです。しかし、食べ物や飲み物など外的な物を口の中に入れることで一時的に口内が酸性へと変化します。酸性の状態ではエナメル質は非常に柔らかくなってしまうのです。その状態で虫歯菌は歯を徐々に溶かし、穴を空けてしまうのです。
しかし、歯には修復力があります。虫歯に近づいた歯でも少しであれば再生しようとするのです。それが再石灰化と言われる能力です。つまり歯は日々メンテナンスをしっかりと行っておれば再石灰化により虫歯にはなりづらいのです。


しかし、生活の中で歯のメンテナンスを完璧に行うことはできません。そのための歯医者さんで。虫歯や知覚過敏などの相談、治療、歯の定期的な掃除を行うことで健康的な歯を長く使えます。
放置はいけません。たかが虫歯でと思う人もいるかもしれませんが虫歯の放置は非常に危険です。
虫歯菌はある程度歯を溶かしても進行を続けます。それは歯が無くなるまで続くのです。余りに進行した虫歯は治療が困難で、抜くしかありませんし、抜いたところには変わりにインプラントなど人工的な歯が必要で費用も時間もかかります。
さらに放置を続けると、虫歯菌は歯の根本、骨までに達します。そこで膿がたまったりするともはや外科手術です。歯茎切開して手術を行います。大げさな話では無く虫歯菌の進行の結果当然に起こることです。

虫歯を予防する方法は歯磨き以外に無いのか。最近は虫歯予防にフッ化物が注目され頻繁に利用されています。フッ化物はお茶や魚介類に含まれる成分で、先程述べたカルシウムやリンが歯から溶け出し、それを再沈着させる効果により弱りにくくなるのです。フッ素入りの歯磨き粉や口内洗浄液なども利用されます。
さらにフッ化物は虫歯の原因である虫歯菌が活発に動けないようにする働きも持っています。このため、歯を強化すると同時に虫歯の原因を絶つという二つの効果を得ることが分かっています。歯を長く健康に保つためには予防効果のある手段生活に取り入れることが重要です。